クレジットカードの審査項目

| コメント(0) | トラックバック(0)

クレジットカードを発行する際に行われるクレジットカード審査だが、簡単に審査に通る人もいれば、審査に落ちる人もいる。それは何故か?

審査に落ちるということは、何かしらの問題があったことになる。クレジットカード会社によって審査される基準は変わってくるが、一般には、いくつかのクレジットカード審査項目に沿って、審査は行われている。

脱!!クレジットカード審査落ちを考える上では、審査をするときにチェックされる項目は知っておきたいところだ。チェックされる項目はいくつかあるが、特に重要視されるのが以下の項目になる。


【 審査で重要視される項目 】

① 申し込み書など書類の不備(誤字脱字等を含む)
② 一定収入・資産・返済能力の有無
③ クレジットヒストリー(主にクレジットカード利用履歴、多重債務の有無)


まず、気をつけなければならないのが、クレジットカードを申し込む際の申し込み用紙への記入からカード審査が始まっているということだ。以前とは違い、現在は、WEBからの申し込みが増えているため、あまり気にしていない人が多いと思う。

だが、申し込み書の場合は、記入漏れがあったり、WEB申し込みでも言えることだが、偽りのデータを記入したりすれば、責任感のない人間と判断され、まともに審査すらしてもらえない。

住所や電話番号の記入ミスをしたため、本人確認の連絡がとれずに審査に落ちるケースもよくあることだ。特に問題がないのにカード審査に通らない人は、 書類不備の可能性が高いといっていいだろう。

次に返済能力の有無だが、無職は当然のことながら、安定した収入が見込めない場合や資産(不動産、証券、自動車など)がない場合は、返済能力がないと判断され、基本的にカード審査は通りにくくなる。

cardshinsa-koumoku.jpg

なお、主婦のクレジットカード申し込みや学生の申込み、また、職業が、パートやフリーターといった場合も、審査に通りにくいケースが見られる。これは、安定した収入や信頼度といった面で考慮されるからだ。

そして、最も重要といっていいのが、クレジットヒストリーだ。これは、信用情報機関で閲覧できるわけだが、クレジットカード会社は審査の際は、申し込み者のカード利用状況やキャッシングの履歴等を必ず参照する。

例えば、過去に支払い延滞や未払いがあったりした場合は、返済能力に問題があると判断され、審査落ちがぐんと高まる。多重債務を抱えている場合や自己破産者は、審査を通るのはまず不可能といっていいだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://szablowski.net/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

このブログ記事について

このページは、academiaが2013年2月22日 18:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜ?クレジットカード審査に落ちるのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3